眼球提供について

1. 亡くなられたときにアイバンクの登録カードを所持していたら、カードに記載されているアイバンクへご連絡ください。

2. 亡くなられたときにご遺族のみなさまで献眼について話し合われた結果、献眼するに至った場合はお近くのアイバンクへご連絡ください。ご本人が登録されていなくても献眼は可能です。

3. 亡くなられたときに日本臓器移植ネットワークが発行している「臓器提供意思表示カード」や眼球提供意思表示をした健康保険証や運転免許証を所持している場合でも提供は可能です。

愛知県献眼登録登録カード 臓器提供意思表示カード

眼球提供の方法(愛知県アイバンク)

1. 登録者に万一のことがありましたら、ご遺族から至急、愛知県救急医療情報センター内のアイバンク窓口へご連絡ください。
死後、6時間以内(冬期は12時間以内)にいただかないと、使えない場合があります。愛知県アイバンクでは24時間体制で待機しています。

2. ご連絡がありますと、直ちに当番の待機医療機関の担当医師がお伺いします。
目をいただいた後のご遺体は、義眼を入れるなど外観がみにくくならないよう、ていねいに処置します。

3. いただいた目は、県下の医療機関にあっせんし、視力障害者に角膜移植が行われます。

愛知県アイバンクのシステム

眼球提供の連絡先(死亡時の連絡だけ受け付けています)

愛知県救急医療情報センター内のアイバンク窓口

TEL:052-262-1100

※24時間受け付けています